2010年05月14日

老いる時知らず、若身の美味 初夏の「時鮭」初競り(産経新聞)

 春から初夏にかけて日本近海で獲れる「時鮭(ときさけ)」の初せりが10日、大阪市福島区の市中央卸売市場で行われ、約1200本が競り落とされた。

 「時不知(ときしらず)」とも呼ばれ、秋の産卵直前の紅鮭に比べ、卵などが未成熟で身に脂が乗っている。塩鮭にされ、北海道や岩手からトラックで運ばれた。

 価格は豊漁だった昨年より2割ほど高く、大きなものでキロあたり5700円の値が付いた。京阪神の百貨店などの店頭に並ぶという。

【関連記事】
富士芝桜ようやく見ごろ 春のいたずらが幸い
3年ぶりシャコ漁解禁 「幻のブランド」高まる期待
どんどん春から初夏へ 仙台放送・原英里奈アナ
私生活は謎だらけ? イケメンNHKアナ札幌異動のワケ
シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで

「肩代わり法案」参院厚労委で可決−12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
火災の遺体に外傷、殺人で捜査 千葉県警(産経新聞)
もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
パリエット、1日2回投与の用法・用量の追加を申請(医療介護CBニュース)
強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
posted by ヨシオカ ヨシハル at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。